柾目/板目(スライサー杢)/ロータリー杢について

柾目


柾目イラスト

 

板目


板目イラスト

 

ロータリー杢


ロータリー杢イラスト

 

柾目 丸太の中心に向かって製材すると現れる、平行な木目。
柾目は乾燥による狂いが少なく、板目に比べると反りにくく、割れにくいのが特徴です。しかし、柾目取りは板幅が制約され挽き残りの材が出るため、歩留まりが悪いことが難点です。樹齢数百年の天然木の柾目は、非常に落ち着いた雰囲気を醸し出します。
化粧柱や枠材のほかに、接ぎ合わせて室内ドアの面材、カウンター材等に使用されます。
板目
(スライサー杢)
丸太の中心からずらして製材すると現れる、ヤマ形やタケノコ形の木目。木目がランダムに曲線を描き、一本の木からも同じ木目のものはありません。
個性的なので、木材の特徴を出すのに良く使われます。乾燥による収縮は、木表(樹皮に近い面)の方が木裏(樹皮から遠い面)よりも大きいため、木表側に反ります。
床柱の正面や化粧柱、接ぎ合わせてテーブルの天板として使用されます。
ロータリー杢 丸太を大根をかつら剥きするように外側から削って挽く加工(ロータリー加工)により現れる独特の木目。
広い面積が取れる為、床の間の床板や面材等に使用されます。

 

カテゴリから選ぶ

木の種類で選ぶ