カバ桜積層材(集成材)のスピーカー

【I.Tさま 作品】

 

■ I.Tさまのコメント ■

カバ桜集成材を早々納品いただきながらアトリエ本体や、作業テーブル等の製作に時間を取られていて、昨日やっとスピーカーシステムが出来上がりました。今朝から線を繋いで音だし、エージングです。

今回のユニットは初めてのMark Audio ・ Pluvia Eleven です。少音量でも明瞭な音をゆったり奏でてくれる、聴き疲れのしないことを目標にしました。

サイズは大きめでゆったり鳴るようにしています。年齢を重ねると高音が聴きづらくなってくるもので、10kHz以上をスーパーツイーターで補っています。

倍音がしっかり聴き取れるでしょう。カットはトリトンワークセンターを主に使いました。工機のような精度が高く剛性の有るテーブルソーではないのでカットでの誤差がどうしても出るものでバッフル板(前面の板)を貼り付ける際の修正が必要で、カバ桜は硬くてなかなか大変でした。パイン集成材でしたら楽でしたが(^_^;)

接合はビスケットを加えた木工ボンドによる接着です。
#400番まで研磨してから「キヌカ」で塗装し、乾燥後(約1週間)#400,800,1200番で研磨してコンパウンド入りのワックス掛けをしました。

ウレタンニスのように塗膜による艶ではなく素材の緻密さによる落ち着いた、しっとりした質感になりました。作業は大変でしたが良い素材は作って良かったという満足感で一杯です。

今回はありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。


商品、施工のご感想
カバ桜は緻密な木地で美しいですが固いので作業は大変でしたが出来上がりを想像し、ワクワクしながら作りました。スピーカーシステムの場合余分な共振が少ないのでユニットの特性を素直に出せると思います。今回の塗装は「キヌカ」で行い、1週間くらい掛けて乾燥し、240、400,800,1,000番で研磨してからコンパウンド入りのワックスを掛けて仕上げました。塗膜の無い塗料で木肌の美しさが表現できていると思います。

過去の木工のご経験
木工のためのアトリエを始め、大きい物(食器棚、作業テーブル、ショウケース等)、チョコレートのアトリエ、ミニステレオ、レコードプレヤー等のオーディオ機器、掛け時計、その他小さなもの等々

施工に費やした時間
このスピーカーシステムでは20時間くらい(1日にかける時間は2~3時間で接着、塗装、研磨、仕上げ等の工程を合わせて)

お店の感想
ご親切に対応いただき、不明なこととか木について色々と相談に乗ってくれるように思います。今後も色々お願いしようと思います。


■ お買い上げの材木 または木材 ■

  1. カバ桜集成材 サイズ:厚み20mm×巾600mm×長さ2000mm・・・2枚
    塗装:なし
    平面加工:なし
    断面加工:なし
    仕上なし、原板のままのお渡し

[塗装、乾燥後研磨前]

[前面、背面、側面]

[接合の様子]

[フルレンジ、ツイーター取り付け部]

[裏板、側板、天地板の接着]

 

■ 材木商店コメント ■

この度は、ご利用くださいまして誠にありがとうございました!!
お忙しいところ、やっとスピーカーシステムが出来上がったとのこと。
完成、おめでとうございます!!
そして5枚ものお写真も本当にありがとうございました。

IT様もおっしゃいます通り、カバ桜は大変硬い樹種なため、作業はさぞ大変だったことと存じます。
カット、研磨、ワックス掛け・・と、メールを拝読しながら想像するだけでもお時間や手間をかけられた想いが伝わってまいりました。

集成材のお店として、井崎様の制作作品に当店が少しでもお役に立てたのなら嬉しい限りです。
掲載までにお時間がかかり、申し訳ございませんでした。


カバ桜積層材についてはこちら

カテゴリから選ぶ

木の種類で選ぶ